9:00〜18:00
水曜日 祝日
2018年03月08日
ブログ

確定申告で還付金ゲット!

こんにちは、米倉です(^○^)

 先日実家の両親に頼まれて、確定申告の書類を作成しました。

 最近では便利になって国税庁のホームページから書類を作成することが出来ます。

 

まずは、https://www.keisan.nta.go.jp/h29/ta_top.htm#bsctrlから国税庁ホーム

ページをひらくと、このような画面が出てくるので書類作成開始をクリックします。

最初で電子証明書やICカードリードライタの準備をしておくと、添付書類の提出

も必要なく、作成した申告書を送信するだけで申告完了ですが、ウチの実家は何も

準備していないので、書面提出を選択し、申告書を印刷して添付書類と一緒に郵送

することにします。

 

 

事前準備としてプリンターの接続確認等のチェック画面が出てきますので、該当す

るものにチェックを入れます。次に入力方法選択をします。

両親は年金受給者なので青枠の一番左を選択します。

 土地・建物の売却をされた方は赤枠の真ん中を選択します。

 その後は、入力画面に従って、必要事項を入力していけば大丈夫です。

 

入力する項目も申告書形式で表示されますので、入力したい項目をクリックすれば

 いいだけです。

 ちゃんと申告書が出来上がります。

ウチの実家は一昨年小さい土地を売却して、昨年譲渡所得の確定申告を行いま

したので今年はもう確定申告はしなくてもいいんじゃないかと思ったのですが、

今年はなんとわずかではありますが、還付金がもらえることになりました(^_^)/

 
それというのも、昨年の譲渡所得のせいで健康保険料が上がり、保険料の負担金も

 1割から3割になっていました。

 
70歳を越えた両親ですので、どこそこの病院にお世話になっています。例年通り

病院通い、3割負担になって病院代が増えその分を医療費控除として申告した結果、

還付金がもらえることになったわけです。

 この医療費控除も今までは病院からの領収書を1年間と取っておいて、明細書を

作成した後、添付書類として領収書をすべて提出しなければならなかったのですが、

29年度申告分より協会けんぽ等から送られてくる医療費通知・医療費のお知らせ

などが申告手続きに使用可能となり面倒くさくなくなりました。

医療費控除されるのは10万円を超えた分についてですが、3割負担になったせい

でウチの両親の医療費は二人あわせると10万円を軽く超えてしまいした。

 土地・建物を売却されて保険料があがった方は、譲渡所得の確定申告だけで終わ

りではなく次の年は医療費控除の申告もされてみるといいかもしれませんね。

ウチの両親のように外食1回分くらい戻ってくるかもしれませんよ。

 

確定申告の期限は3月15日までになっています。

まだ申告を済まされていない方はぜひ「e-tax」でお早めに!

 

 

コレストハウジングホームページはこちらから

              →https://crst-baibai.com/

arrow_upward