9:00〜18:00
水曜日 祝日
2018年11月29日
社長日記

鹿児島県新総合体育館(鹿児島中央駅西口・武1丁目・アリーナ型)8000席?!

こんにちは

塩福です。

 

本日(2018年11月29日)地元、南日本新聞にでかでかと出ましたね~(^^♪

新総合体育館4階建て!!

鹿児島県案 アリーナ最大8000席

!!!

ですって。

 

皆さん、見られました??

 

これは、鹿児島県にとってはものすごーくうれしいお話ですね。

新幹線駅に隣接しているのもGOODで、これから、この九州最果て、いや、日本最果てといっても過言ではない鹿児島県にとって素晴らしい一歩ですね。

 

こんな施設、鹿児島には、無理だろ!って思ってろいましたが、県はよく踏み切ってくれました。

結構、場所選定でも、谷山方面であったり、ウォーターフロント方面であったり、話も二転三転いたしましたが、中央駅前で一番良かったと思います(結構使用料はするかもしれませんが・・・)

なぜならアクセスが良いというのは、特に市街の方にとっては最も魅力になるからです。また、我々不動産業者の視点から見ても、この体育館に付随して、鹿児島中央駅西口周辺の活性化を加速させてほしいという思いもあります。

 

また、私はバスケットボールを愛してやみませんので、バスケットボールの大会誘致やナショナルチーム合宿等もあると最高だな。それに付随して鹿児島に来られる方も多くなるのではないでしょうか?!

 

それから、大きなコンサートやイベントですね。今から楽しみです。

それでは、どんな体育館(アリーナ)か確認をしてみましょう(^^♪

新総合体育館の中身は?

さて、では新総合体育館の中身はどのような内容なのか?再度チェックしてみましょう☆

 

内容:新総合体育館(アリーナ型・4階建て・最大8000席)

場所:鹿児島市武1丁目(鹿児島中央駅西口)・・・県工業試験場跡地(約10000㎡)+日本郵政(5800㎡)+その双方間にある市道の取得によって計画

階高:地上4階、地下1階

敷地面積:16,000平方メートル(4,840坪)

建築面積:12,000平方メートル(3.630坪)

延べ床面積:35,000平方メートル(10,858坪)

 

・ 1階から4階まで吹き抜けのメインアリーナ(8,000席)

・ 柔剣道場、弓道場、サブアリーナ(400席)

・ 地下に多目的室&トレーニング室

・ 地下駐車場145台

 

topics

・駐車場を除いた床面積は県体育館の4倍超えの規模。

・メインアリーナのコンサート使用時の客席は最大8000席で、現在の鹿児島アリーナ(鹿児島市、現在の最大規模)の最大5700席を上回る。

・メインアリーナは、

 →バスケットボールなら 4面

 →バレーボールなら   4面

・ サブアリーナは、

 →バスケットボールなら 1面

 →バレーボールなら   2面

・3階の柔剣道場は各3面

・4階は、遠的にも対応した弓道場

・敷地の狭いので、不足が懸念されている駐車場は、地下のみで145台・・・基本的には公共交通機関での利用を促すようですね。

・三田園知事は28日の県議会で「国際、全国レベルの競技大会やプロスポーツ、コンサートやイベントを開催できる施設にしたい」ということで期待が高まりますね。

 

バスケットの国際試合とか入ったら絶対見に行くな~!

ちょっと、学生スポーツには立派すぎるアリーナになるかもしれませんが、鹿児島市は、体育館など箱モノも少ないので、学生のバスケットボールの市大会等も実は鹿児島市外で行われているような実情もあります(市内大会が鹿児島市で出来ない・・・)

 

今回の計画ですべてが改善できるとは思いませんが、とても期待をしております。

 

ただ、国際大会や全国レベルの競技大会の誘致は、それぞれその主管の団体としては失敗は死活問題になります。

2006年日本で行われたバスケットボール世界選手権は、13億円の赤字、2018年バレー世界選手権 TBS10億円の赤字 協会も数億円の赤字等という報道もあります。

スポーツは、現代社会が生んだ優れた文化で、これだけ魅力があるコンテンツが揃う現代においても世界中で人気があります。

 

このような大きな大会がこの鹿児島の地で開催されれば素晴らしいことですが、そういう国際色であったり、大きな事を受け入れる文化を鹿児島県民が作っていかなければならないと思います。

 

皆様、どう思われますか?

ちょっと、久しぶりに英語の勉強もしようかな?

 

とにかく楽しみです。

 

ご担当の方々は、とても大変でしょうけど、私は、一県民として大変楽しみです。頑張って早期竣工を期待しております。

よろしくお願いします。

この記事を書いた人
塩福 岩寿 シオフク イワトシ
塩福 岩寿
お客様との末永いお付き合いに心がけ「塩福に任せて良かった」と思って頂けます様、真心込めて対応致します。
arrow_upward