9:00〜18:00
水曜日 祝日
2019年01月18日
ブログ

インフルエンザ大流行!

こんにちは。お久しぶりの金城です(^^♪

インフルエンザが全国的に大流行していますね。上の子のクラスでは学級閉鎖になりました。
皆様、体調はいかがでしょうか?

流行り好きの私ですが、乗りたくない流行りに乗ってしまい...、先週の今頃は、インフルエンザA型で寝込んでいました(;´д`)

4日目の朝、平熱に下がり、ほっとしたのも束の間、今度は夕方、上の子が40度近くの高熱を出しインフルエンザA型と診断され、フラフラしながら看病の日々でした。

病院でお薬が違うのか、私は、吸入粉末薬『イナビル』を、子供は、錠剤の『ゾフルーザ』を処方されました。
『ゾフルーザ』は今年からの新薬で小さい錠剤を1粒飲むだけです。飲み忘れることなく、通常より1~2日早くお熱が下がるということで、3日目の朝には平熱に下がり、今はいつも通り元気になり安心しました。
ただ、薬を飲んだ後、吐いたら効果がなくなるのと、異常行動に気をつけないといけないので、二日間はヒヤヒヤでした。

下の図は、インフルエンザの感染経路ですが、ウイルスが目に見えないので、マスクと手洗いうがいは基本ですが、いつも以上に意識して予防しないといけませんね!


今回、とても参考になったものでした。発症日を0日として数え、早くお熱が下がっても、ウイルスはなくなった訳ではないので、6日目から外出OKとのことで、改めて勉強になりました。

鼻に細い綿棒を入れる検査キットですが、こんな感じで結果が分かるんですね。
私の場合は、とても痛く時間がかかってしまい、検査だけでぐったりでした。もっと楽に検査できたらいいのですが...。

インフルエンザの特徴を簡単にまとめると、

【A型インフルエンザ】
  ・38℃を超える高熱。
  ・喉の痛み。
  ・関節痛、筋肉痛
  ・私の場合は、微熱と平熱を繰り返し、38℃を超えました。
  ・寒気と鼻づまり、頭痛、咳といった風邪の症状にも似ています。

【B型インフルエンザ】
  ・お腹の風邪の症状に近く、下痢やお腹の痛みがある。
  ・あまり熱が高くない。
  
【C型インフルエンザ】
  ・ほとんどの大人が免疫を持っているため感染しにくい。
   かかるのは、4歳以下の幼児が多い。
  ・感染しても軽症。
  ・症状は鼻水くらい。


※ウイルスの増殖がすごいため、熱が出てから、できるだけ早くお薬を飲んだほうがいいそうです。
あと、ミヤネ屋さんでインフルエンザの特集をしており、紅茶を飲むことで、感染の拡大予防に期待されるそうです。
先月の新福さんのブログに詳しく書いてありましたので、改めて読み直したところでした。
 新福さんのブログ→https://crst-baibai.com/contents/1940

 

患者が飲むことで10秒で99.99%無力化し、ポイントとしては、ペットボトルのものより、ティーバッグやリーフで淹れる。レモンティーはOKだが、ミルクティーはNGでした。




予定外の体調不良の1月を迎えてしまいましたが、今回学んだことを実践し、体調管理に努めたいと思います。

今回は、インフルエンザ特集となってしまいましたが(笑)

次回のブログは楽しい話題をお届けしたいと思います。(*^-^*)


ホームページはこちらから→https://cret-baibai.com

arrow_upward