9:00〜18:00
水曜日 祝日
2019年02月21日
社長日記

本当に大切なことの一つ『金融(住宅ローン)に強くなる』事【FPブログ①】

こんにちは。

塩福です。

 

三寒四温と言いますけれども、あたたかい日も増え春の息吹を感じる季節となってきました。もう、来週から3月も始まりますね。

2月が終われば今年も1/6が終わったことになります。

こないだお正月が来たような気がしますが、あっという間ですね。

皆さん、お正月に立てた目標等へ向けて頑張られてますか?

私も継続してますが、なかなかです。

継続は力。

頑張りたいと思います。

 

さて、今日からシリーズでFP(ファイナンシャル・プラン)のお役立ちブログを作成していこうと思います。

 

皆さん、FPはもちろんご存知のことと存じます。

我々が不動産の購入をお客様にお勧めするとき、ついつい不動産業者は、

いくらかかりますよ。=資金計画

毎月いくらの返済になりますよ。=返済計画

しか話をしない業者が多いように感じます。

 

しかしながら、実際例えば夢のマイホームを建てられた後、お客様のその後の生活に不安をきたしたり、お客様のご家族の計画に支障をきたしてしまったりすればそれは、幸せになるためにマイホームを購入したのに、その後の日々の生活がひっちゃかめっちゃかになったとなれば、何の意味もありません。

 

これが、マイホームだけでなく、『収益物件』となっても同じですよね。

 

そこで、今後シリーズで私の方で考えうるお客様へのFP相談ブログを書いていきたいと思いました。

不動産購入における間違いやすい盲点や得するポイント等書いていきたいと思っておりますので、お楽しみに(^^♪

 

本日は第1回となります。

ぜひ、読んでいただいて上手な不動産購入を成功させましょう♪

人生最大の「買い物」とは??

さて、まず下記の図をご覧ください。

このブログのTOPにあった画像ですね。

皆様は、人生最大の買い物と言えばなんだと思われますか?

人生の三大出費と言えば、

1.マイホーム購入費用

2.教育費用

3.老後の費用

と言われます。

 

その中でも住宅購入は一括でお金を支払う分、人生で一度に払う金額としては最大の支払いになります。

ですので、マイホーム購入は、他社へ支払い領収書をもらう額としては最も大きな金額になります。

 

しかしながら、そのお金をキャッシュ(貯金など)でお持ちのお客様はほとんどいらっしゃいません。

つまり、皆様、銀行などへ融資を申し込み「住宅ローン」組んでマイホームを購入されるわけです。

 

当たり前ですよね。それはわかり切っていると思われているかと思います。

 

けど、返す金額は借りた金額ではないですよね?

まずは下記の図をご覧ください。

まず、住宅購入にかかる費用は?物件と土地の価格だけじゃない?!

これは、住宅購入時に必要なお金と資金の調達を示しています。

まず、上の「住宅購入時に最低必要なお金」ですが緑の部分の物件価格のみをお考えのお客様が非常に多いですが、実は諸経費というものがかかります。

諸経費は大きく分けて

・印紙税

・登録免許税

・不動産取得税

・ローン保証料等(ローン費用)

・火災保険料

・融資手数料

・司法書士手数料

・修繕積立金基金

・つなぎ金利

・仲介手数料

・引っ越し費用

・家電(エアコン等)費用

・団体信用生命保険費用(住宅ローンと別の場合)

 

物件以外のお金というのはこれだけで、物件費用とは別にずいぶんかかるものです。鹿児島市のイメージで行きますと

土地、建物代とは別に

200万円~500万円くらいかかるケースも珍しくありません。⇒チェックポイント①

 

ですので、この「物件価格+諸経費」の費用を「自己資金+住宅ローン」で支払いをしなければならないわけす。

本当の家の値段って?

上の図を見て下さい。

先ほど、お話いたしましたが、物件価格だけではマイホームは手に入りません。

そう「諸経費」が必要でしたよね?

その諸経費が、上の図では△△△の黄色の部分です。

この黄色い部分に入る文字が「諸経費」となります。

 

あれ?●●のオレンジの部分がありますね?

これは、なんだと思いますか?

 

そう、この●●の部分こそが本日のメインの部分でありお客様に再度確認をしていてほしい部分なのです。

 

物件購入に必要な費用は、先ほどお話した通り

物件価格+諸経費

です。これ以上はかかりません。

 

しかしながら、払いは終わりなのですが、このお金ご自身の自己資金ではなかったですよね!そう、これは住宅ローンでお支払いされているのです。

という事は、お客様の支払いはこの瞬間から銀行に支払いが発生していくのです。多くのお客様にとって長い長いなかなか終わらない住宅ローンの支払いの始まりまです。

そうです!お客様の支払いベースで考えますと、

物件価格

 +

諸経費

 +

住宅ローンの金利(●●の部分)

がかかるのです!

 

この部分の割合を見て下さい。結構大きいですよね。諸経費よりも大きいのが一般的です。

 

一番上に書いておりましたがここがポイントです。

 

人生で一番大きな買い物は「家」ではありません。

人生で一番大きな買い物は「住宅ローン」なのです!!

マイホーム購入でまずしなければならないこと!その一つは「ファイナンシャルプラン」なのです(^^♪

上記で、人生で一番大きな買い物は「家」ではなく、「住宅ローン」だと感じていただけたかと思います。

けど、このように思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「当然、住宅ローンを借りれば金利を払うのは当たり前。だけど、それはどう借りてもそんなに変わんないんじゃないの?」

とか、

「とにかく一番安い金利の銀行で借りればいいんじゃないの?」

とかです。

 

これは、資金戦略になります。

この資金戦略は、例えば固定金利と変動金利。借り換えの条件。軽減税理を使った2度お得な資金戦略。繰り上げ返済のタイミング。等々

 

多くの資金戦略が考えられます。

 

また、ファイナンシャルプランの観点から行けば、

人生を生きていく中で

①現在

②財産形成期1

③教育費負担期

④財産形成期2

⑤定年後年金支給前

⑥年金支給後老後

等、収入というよりも家計の手元に残るキャッシュ(現金額)フローの波があります。

どのご家庭ども基本的に発生して行く事であり、この波に乗りながら家計を運営し、老後に備えていかなければなりません。

 

つまり、この長い人生における「お金」は「戦略」をもって運用していかなければならないのです。

 

いかがでしょう。

皆様。

 

ちょっと興味がわいてきましたか?

今日はこの辺にしておきたいと思いますが、このプランニングは、お客様毎のご年齢、ご年収、毎月の支出額、人生の考え方、子供さんの教育計画等で様々になります。

 

今日からFPブログをシリーズで上げていきますが、もしご興味あります際は、無料のFP相談(90分)も随時承っております。

 

お気軽に弊社までお問合せ下さい。

 

それでは、今日は以上になります。

今日も一日頑張りましょう!!

この記事を書いた人
塩福 岩寿 シオフク イワトシ
塩福 岩寿
お客様との末永いお付き合いに心がけ「塩福に任せて良かった」と思って頂けます様、真心込めて対応致します。
arrow_upward