9:00〜18:00
水曜日 祝日
2016年01月30日
ブログ

☆新たなスタート☆

こんばんは(^_^)/~

 

コレストのくまモンこと村元です(#^.^#)

 

本日は塩福社長の誕生日です\(◎o◎)/!

 

塩福社長、誕生日おめでとうございます\(^o^)/

 

さて、先日川内高校男子バスケットボール部の卒部式に招待され参加させて頂きました。

 

私用で遅れてしまったのですが、着いて席に着くと招待者の紹介があったようで、

 

近くの席の大先輩にみんな挨拶したぞと言われ、司会の方にもマイクを渡され挨拶をし、

 

座ると先ほどの大先輩にみんな紹介だけで挨拶をしたのはお前だけだぞ!!と言われましたが、

 

そんなのはとっくにマイクを持ってしゃべりだしたときの空気でなんとなく気づいておりました(T_T)

 

今回、私はキャプテン兼マネージャの山鹿誠弘君に招待されました。

 

小学校のころはラジオ体操にバスケットボールでドリブルを付きながら行き、

 

学校に苦情の電話が来て怒られたりするほどバスケットボールを離さなかった子が、

 

夢に向かい強豪の川内高校に合格し、さあ始まるという時に心臓の病気が見つかり、

 

バスケットどころか体育の授業もできなくなってしまいました。

 

監督の田中先生の話では、わざわざ寮に入るよりも自宅から通える高校に移ったらどうですか

 

とお父さんお母さんにも話をしたそうですが、誠弘は川内高校のバスケットを学びたいんですといい、

 

川内高校に残ったようです。好きなことが出来ないということは本人が一番辛かったでしょう。

 

みんながうまくなっていくのが辛かったと泣きながら語っておりました。

 

田中先生は私に、誠弘はバスケットは出来ないのに練習は一回も休んだことはありません。

 

怪我で休む選手がいる中で、ただの一度もです。と力強くしゃべってくれました。

 

あんな小さかった子がこんなに大きくなるなんて(T_T)

 

そんな誠弘も春から学校の先生という夢に向かい筑波大学に通います。

 

最初はバスケットは続けるかわからないと言っていましたが、この日は

 

インカレアベック優勝のチームでバスケットにはかかわっていくと言ってくれました!!

 

ここがゴールではなく、ここがスタートです!!

 

誠弘、『気張れ』

arrow_upward