8:30〜18:00
水曜日 祝日
2019年06月30日
ブログ

ネコのこと(=^・・^=)

みなさま、こんにちは!

営業の中村です。

 

ここ数日間のじとーっとした梅雨らしい天候の中、いかがお過ごしでしょうか。

中村家では今年に入って色々あったものですから、結構お金を使っておりまして

エアコンの購入が後手に回っておりました。

そんな中、長崎本社の某有名な家電屋さんで購入し、ようやく7月2日に取付に

来ることになりました。

暑がりで夏に生命力の下がるわたしとしては、はやくはやくと待ち遠しく感じている

今日この頃です。

さて、本日はネコのお話。

内容は少し重くなりますのでご了承ください。

 

このブログでは、何回か登場しました20歳の「ちびさん」(通称:ターコ)

最近ネタでは出てこなかったのですが、実は、昨年の12月19日の午前中に

あの世へ旅立ちました。

なぜ今になってこの話かというと、ブログを見てくれている同級生や元同僚から

「あのネコ元気?」

と聞かれることが多く、そのたびに個々に答えていたことと、

奥さんのお父さんの仕事場にいる2匹のネコとの出会いがあったことから

ちょっと思い出して書こうかなと思いました。

 


ターコさんの最期の看取り

亡くなる当日は午後からわたしの結婚式の前撮りがあり、父母が仕事で午前中

いないということで、わたしが観ておりました。

3週間くらい前からご飯は食べず、水も飲まない。その時すでに、腎臓は壊れていて、

尿が出ない状態でした。どんどん衰弱していき最期は、目の焦点が合わずに虚ろでした。

 

何かしてあげようと思い、少し水をあげようとスポイトで少しずつ飲ませていた

時でした。

今でも「水をあげるのをやめればよかった」と後悔しています。

喉に引っ掛けたか、むせだして痙攣をし始めました。

すぐ親にも電話をし、帰ってきましたがその時はもう虫の息でした。

 

その後、もう前撮りの時間もありましたので、準備をして家に亡骸をおいて出か

けました。母は業者にペット斎場に連れていくための準備をしてもらっておりました。

 

 

前撮りが終わり帰ると、すでに斎場に連れて行ったあとで、ネコ用のトイレとベッド

のみがある状態。

いつも「にゃんにゃんうるさい」って怒られていましたが、今となってはもうその声

も聞くことはなくなり、ぽっかり穴があいた気分です。

ネコは昔から死に場所を自分で選ぶとか、みんなの前から姿を消すなんて言われて

ますが、うちのは完全な座敷ネコだったので、外に出すことはしませんでした。

それも長寿の秘訣だったのかもしれません。

 
実感がなく涙も出ませんでした。

いまだに、実家に帰るとあいつはあの世でどうしてるかなと思ってしまいます。

奥さんのお父さんの仕事場にて

結婚してからお父さんの仕事場に遊びに行ったときのこと。

前々からネコを飼っているとは聞いていたのですが、初対面致しました。

「うちの娘をー!」とネコに言われるくらい毛嫌いされるかと思いきや、

「おいで」といったらちゃんと来てくれました。しかもゴロゴロ言いながら。

やはりネコにはネコ好きな人がわかるんでしょうね。

うちのネコは抱かれるのが好きではなく、嫌な事をされると噛んでいましたが(笑)

 

ちなみに紹介すると、

三毛猫が「マロン」さん♀ 8歳(僕の中では通称:くりこ)

キジが「ミーヤ」さん♂11歳(特に通称はありません)

 

仕事場がかなり広いのですが、マロンは女の子なのによく虫を捕まえて、

えげつない遊びをしています。

それをはたから見ているミーヤ。

 


うちのターコは外に出していなかったからか、この子たちと比べると小ぶりな

ネコでした。
 

ほんとはぼくもねこが欲しいんです。

ただ、自分たちよりも寿命が短く、送り出さないといけないことを考えると

どうしても一歩が踏み出せません。

しばらくはこの2匹のネコと戯れようと思います。

HP:https://crst-baibai.com/

この記事を書いた人
中村 友哉 ナカムラ ユウヤ
中村 友哉
お客様の生活スタイルに合わせたおうち探しを提案いたします。
arrow_upward