8:30〜18:00
水曜日 祝日
2020年05月12日
社長日記

新型コロナ感染症下での当社のお客様状況について

おはようございます。

塩福です。

 

さて、鹿児島市では昨日より学校も再開しました。

明るい子供たちの通学途中の声を聞くと心が和みます。九州最大の福岡県でもいよいよ新型コロナに対して緩和措置が取られていくようです。

東京でも新型コロナの新規感染者が15人と、ピークからすれば相当減少に転じています。今後は自粛は少しずつ緩和されていく方向でしょう。

 

鹿児島におきましてもすでに1か月弱感染者も出ておらず、自粛を続けていることに鹿児島の小さい経済界は悲鳴をあげているような状況です。

 

14日におそらく鹿児島を含むいくつもの県が緊急事態宣言が解除されることになると思われます。

今回、思い知ったのは多すぎる情報をどのように精査すべきなのか?その情報の発信元の正確さがいかに大事かという事でした。情報がTV、インターネット、SNSであふれかえっています。どこの誰が発信したのかわからない情報が数多く出回ります。

本当に危険で恐ろしいことだなと思い知りました。人はうわさ話が好きなものですが、うわさ話楽しむ程度で信じてはいけないなと改めて思いましたね。

さて、気を引き締めながら行かなければなりませんが現在の不動産売買のお客様の市況を確認しておきましょう!

新型コロナ下の鹿児島市の不動産売買市場2020

それでは鹿児島の不動産売買の現時点(2020/5/12現在)での不動産市況についてはどのようになっているのでしょうか?

 

当社についての不動産をお探しのお客様の新規顧客数は減少傾向にあります。特に、4月17日鹿児島を含む全国に対して緊急事態宣言が出されてからの新規お客様の来店などは非常に少ない現状となります。

また、今回の緊急事態宣言に際し、4月末から5月初めの契約前のお客様で契約の準備を進めていたお客様が立て続けて解除になっていくという事態も散見されました。

特にお客様が飲食店・広告業などのお客様でしたがやはり厳しい状況が続いているのだという事が分かります。

ただ、インターネットなどの反響数などを良く見てみますと、全然減っていません。逆にうちの場合で見ますと緊急事態宣言下、ウェブのネット反響はあがっております。

皆さん、家にいる機会が多いのでインターネット見てくれているのでしょう。

その結果、物件は市場で非常に見られている事が分かります。

 

ただ、それが実際の反響に結びついていないのが、現状かもしれません。

 

我々は14日に判断される緊急事態宣言の解除に際し、お客様からの反響が増えるのではないかと期待しております。

本当は物件を見たい探したいけど、今は緊急事態宣言だから自粛しようと思われているお客様が結構いらっしゃるのではないかという期待です。

 

我々lixil不動産ショップコレストハウジングでは、そのようなお客様の反応に応えるべく準備を進めております。

営業の人的配置もそうですが、お打ち合わせ来ていただいたときの、アクリル隔て板によるコロナガードなどもつけ、お客様の安心安全のために出来る限り万全を期したいと思っております。

 

ぜひ、その際はお気軽にご連絡頂けますと嬉しいです(^^♪

という事で本日のブログは以上です。

それでは今日も一日頑張りましょう(^^♪

この記事を書いた人
塩福 岩寿 シオフク イワトシ
塩福 岩寿
お客様との末永いお付き合いに心がけ「塩福に任せて良かった」と思って頂けます様、真心込めて対応致します。
arrow_upward