8:30〜18:00
水曜日 祝日
2020年12月21日
ブログ

今日は冬至です!

こんにちは、米倉です(^○^)

今年も残すところあと10日あまり・・・

そして、今日は冬至。

冬至と云えば、ゆず湯とかぼちゃ。

毎年当たり前のように、ゆず湯に入りかぼちゃの煮物を食べますが

何故ゆず湯とかぼちゃ・・・

その由来を少し調べてみました(^○^)

「ん」のつく食べ物は運気があがる

そもそも冬至とは1年で一番太陽が出ている時間が短く、夜が長い日です。

逆に言えば、この日を境に昼間の時間が少しずつ長くなっていくということ

です。

そんな日にかぼちゃを食べ、ゆず湯に入ると風邪をひかず、その冬を元気に乗り切

る事が出来る!と言われていることは何となく知っているのですが、それがなぜ

なのか?


冬至には「ん」がつくものを食べると運気があがると言われており、

·         にんじん

·         だいこん

·         れんこん

·         うどん

などの「ん」のつくものを運盛り といい、縁起をかついでいたそうです。

かぼちゃは「ん」がつかないので違うじゃん!と思いがちですが、かぼちゃの

別名は「南京(なんきん)」。そうなのです。れっきとした運盛り食材!

さらにかぼちゃ(南京)は陰(北)から陽(南)へ向かうことを意味しているので、

縁起の良い食べ物とされるわけですさらにカロチンやビタミンAといった栄養が豊富

で風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的なため、寒い冬にもおすすめの食材なので

す。

以上のことから、冬至にはかぼちゃ!となったようです。

 

長年の苦労が実るようにとの願いが込められている

冬至にゆず湯の入るのは、元々は運を呼びこむ前の厄払いのための禊(みそぎ)が

由来だとされています。

また、冬が旬のゆずは香りが強く、この強い香りのもとには邪気がおこらないという

考えもありました。さらに、ゆずは実るまでに長い年月がかかる事から、長年の苦労

が実りますようにとの願いも込められているそうです。

かぼちゃとゆず湯の由来を知った上で、今日は早く帰ってかぼちゃの煮物を食べて、

ゆず湯にゆっくり入りたいと思います(^○^)


コレストハウジングはこちらから→https://crst-baibai.com/

arrow_upward