8:30〜18:00
水曜日 祝日
2021年06月19日
ブログ

親知らず抜いてきました。。。。。

こんにちは、長坂です。
親知らず抜いてきました。。。。。。。。

いろんな人に話を聞くと、「すごく痛いよ~」という話ばかり。

親知らずを抜いてから数時間後が痛い。麻酔が切れたころから痛み出す。

数日は痛い。口が開けられない。

等々々々。。。。

 

親知らずを抜かなくても問題ない人もいると聞いたことがあったので、それなら抜きたくない!!!

と思っていたら、、、

 

右奥に口内炎。なかなか治らず、痛みで口が大きく開けないため、ご飯食べづらい(´;ω;`)うぅぅ....

歯医者に行ったら、親知らずと、折れた歯の部分に詰めている物が口内炎に当たってしまっていて、なかなか口内炎が治らない、と。

親知らずを抜いたほうがいい。

紹介状書くから大学病院行っといで~(*´∇`)

 

という流れで大学病院へ。

(イヤだ)

予約が必要だろうと思い電話をしたところ、

「初診の人は予約は要りませんよ~」

「受付時間内に来て頂ければ診察できますが、時間を過ぎてしまうとその日は診察できませんので、時間内に来てくださいね」

とのこと。

「場所はわかりますか?」と尋ねられたので、大学病院のざっくりとした位置しかわかっていないことを伝えると詳しく教えてくださいました(´∇`)

タイヨーの向かい側。敷地の一番左側の茶色の建物になります。大学病院の他の建物は白いですが、歯科は茶色の建物です。と。

そしてビックリ!

そんなこんなで診察の日。問診表?を最初に書いたのですが、受付に渡してしばらくすると、「以前大学病院に掛かったことはありませんか?二十数年前なので4~5歳くらいかな?覚えていないかもしれないですが」

と。

 

はい。私、生まれてすぐに病気になって入院したことがあるらしいんです。

母から聞いていたので知っていましたが、歯科ではないですし、私自身は覚えていないですし、診察券ももうなくしたらしく、初めてか・受けたことがあるかの項目は、初めての方にチェックをつけていたんです。

まさか記録が残っているとは!?と驚きでした。

診察券のデザインは昔と変わっているらしく、「新しいのを作成しますね~」と。

 

そして診察をし、次の週に手術。すぐにでもこの親知らずを抜いたほうがいいだろうといわれたのですが、その日は午後から予定があったため、次の週にすることに。

診察した日に手術についての説明と同意書を書き、当日は受付したらそのまま手術へ。

ちなみに、説明でも怖いことが.....

 

・まずは力で抜いてみる。それで抜けなかったら切る。

・切った場合が痛い。

・1~2週間ほどは痛みがあることもある。  等。



どこがどう痛む場合がある とか、その場合どのくらい痛みが続く とか。

痛いのダメなんですよ、私。(((´;д;`)))

もうそんな話しか聞いていなかったので当日は朝からビビリ倒していたのですが、実際始まってみると

 

 

 (・ω・) あれ?

そこまで痛くない?

 

まずは表面麻酔をして、少したってから麻酔の1本目。

2本目・3本目もそれぞれ少し待ってからだったので、バッチリ効いていたのか痛みがそこまでありませんでした。

そしてラッキーなことに、切ることもなくあっさり抜けました(・∇・)パァァ!

大一難関クリア!(`・ω・´)ヨシッ

さてここからがどんな痛みが来るのか。

病院の先生からは、薬をもらったらすぐに痛み止めを飲みなさいと言われていて、その通りにし、その後も構えていたのですが、、、

 

(´・ω・)あれ?

毎食後に痛み止めを飲むことになっていたので、その通りにしていたところ、何の痛みもなく、確かに口は開きづらかったですが、それだけでした。

そんなこんなで、初手術?(麻酔を打って歯を抜いただけですが)終了。

親知らずを抜くまではずっとあった口内炎もいつの間にか治っていました。

(´・o・)あっさり終わった。よかったぁ。

ちなみに、行きつけの歯医者さんでは、私が痛いのダメなことがバレバレですので、

大学病院なら、先生たちも慣れているだろうから大丈夫だよ。

何かあっても設備がちゃんとしてるから安心していいよ~

等、色々と言ってくださいました(*´ω`)エヘヘ

 

コレストハウジングホームページ https://crst-baibai.com
怖くてずっと体に力が入っていて、変な汗かいていたのは秘密(;^∇^)

この記事を書いた人
長坂 ナガサカ
少しでも皆様の力になれるよう努めますのでよろしくお願い致します。
arrow_upward