9:00〜18:00
水曜日 祝日
2017年01月06日
ブログ

なぜ 七草粥をたべるの???

あけまして おめでとうございます(*^_^*)田中です。
2017年、新しい年を迎えました。
今年も、宜しくお願い致します。
先日、年が明けたと思えばもう一月の一週目も過ぎようとしていますね・・時がたつのは早いものです。
そして、明日 1月7日と言えば、「七草」です。
これまで、実家に住んでいたので母親が作ってくれた「七草粥」を朝食べてから出勤していて、ただ食べるだけでそんなにも気にしていなかった七草・・・今年は、実家を離れて初めての七草なのでちょっと意識して七草について調べてみました(*^。^*)

七草粥は邪気を払うと言われていたようです。
邪気を払う=無病息災、ということで、七草粥に使われている春の七草は、早春の頃、一番に芽吹くみたいですよ。
そして、七草粥に使われている春の七草は、体にとても有効な成分を含んでいまるようです。

胃腸にやさしいということは、お正月に食べ過ぎたり、疲れてしまった胃にも効果的のようです♪

(いつたべるのか!?!?)七草粥は「人日の節句」である1月7日の朝に食べます。

(なぜ、7種なの!?!?)
人日とは文字通り "人の日"という意味で、中国の前漢の時代に、元日は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人の日としてそれぞれの占いをたて、8日に穀を占って新年の運勢をみていたことに由来します。さらに唐の時代には、人日の日に七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の若菜を入れた汁物を食べて、無病息災を願うようになりました。羹はあつもの、汁という意味です。また、官吏昇進を1月7日に決めたことから、その日の朝に七種菜羹を食べ、立身出世を願ったといいます。


これまで、今年も元気に過ごせますように!!!という思いだけで食べていましたが、深~い意味があったのですね。

明日は、七草粥を食べて元気に一年を過ごしましょう(*^。^*)

ホームページ→https://crst-baibai.com/

建て売りの窓口→https://tateuri-madoguchi.jp/

arrow_upward