9:00〜18:00
水曜日 祝日
2017年08月24日
ブログ

忘れたころにやってくる不動産取得税

こんにちは、米倉です(^○^)

 

先日、不動産取得税の減額申請に鹿児島地域振興局に初めて行って

 

きました(^○^)

 

この不動産取得税は毎年納めている固定資産税と違い、取得した時の

 

1回きりの税金なのですが、納付時期が取得してから半年から1年後と

 

いうもので、忘れたころにやってきて驚かされる税金です。

 

不動産取得税とは???

土地や家屋を取得した時に納める県の税金です。

 

毎年市町村に納める固定資産税とは異なります。

 

税額は取得時の市町村の固定資産課税台帳に登録された価格の3%です。

(住宅以外は4%)

納付時期については都道府県によって異なるようですが、鹿児島県は

 

平成28年7月1日~平成28年12月31日取得分の土地

 

平成28年1月1日~平成28年12月31日取得分の中古住宅

 

平成28年1月1日~平成28年12月31日に新・増築した家屋

 

について平成29年7月末に納付書が送付され、納付期限は

 

平成29年8月31日となっています。

 

取得した時期によっては1年以上経ってから、納付書が届くことになり

 

驚かれた方もいらっしゃるのでは??

 

でも、ご安心ください。一般的な住宅用土地と住宅であれば軽減制度があり

 

減額申請をすれば大丈夫です。

住宅用土地を取得した場合の軽減制度

おおまかにいうと、住宅用土地という事なので、取得した土地に住宅を

 

建てれば減額申請が出来ます。

 

新築住宅・築1年以内の建売住宅で言えば、土地取得から2年以内にその

 

土地に住宅部分の床面積50㎡~240㎡の住宅であればOKです。

 

手続きに必要な書類を含め詳しくは、↓↓↓↓

住宅を取得した場合の軽減制度

新築住宅の場合

  ・住宅部分の床面積が50㎡~240㎡

  (アパート等貸家の場合、40㎡~240㎡)

 

中古住宅

  ・取得者個人がその住宅に居住する

  ・住宅部分の床面積が50㎡~240㎡

  ・昭和57年1月1日以後に新築されている

 

であれば、減額申請ができます。新築住宅であれば一戸につき1200万円が

 

市町村の固定資産課税台帳に登録された価格から控除されるので、一般的な

 

住宅であれば税額0円となることがほとんどのようです。

 

ですので、住宅についての不動産取得税は最初から納付書が送られてこない

 

ことがほとんどのようです。

 

詳しくは↓↓↓

住宅用土地について、もし納付書が送付されてきた時にまだ住宅が

 

建っていなくて不動産取得税を支払ってしまった場合、これも大丈夫です。

 

これについては住宅が完成し、減額申請の条件が整ったら還付請求ができます。

 

詳しくは

 

鹿児島市小川町3-56

 鹿児島地域振興局総務企画部

  課税課不動産取得税第一係、第二係  099-805-7225

 

に問い合わせてみて下さい。私の減額申請の担当をして下さった方はとても

 

親切でした。また、1階には個人向けの不動産取得税減額申請相談窓口もあ

 

りましたよ。

 

 

コレストハウジングホームページはこちら

              →https://crst-baibai.com/

 

arrow_upward