9:00〜18:00
水曜日 祝日
2017年12月05日
ブログ

年賀状を出す際には投函する日と金額に注意!!

こんにちは、長坂です。

 

さて、年賀状の季節ですね♪

私の場合は、年賀状を買って自宅で印刷しています。

 

今年、はがきの料金が62円になりましたが、

年賀状は52円で出せる

そうです。

ただし、期間があります。購入した際に教えてくださいました(^^)

年賀状受付期間12月15日~

年賀状は12月15日から受付けを開始するため、

12月14日以前に出す場合は62円になるそうです。

ということで、年賀はがきを使用している場合で12月14日までに出す場合は、10円分の切手を貼り付けなければいけません。

 

また、新年あけてから出す場合も、

1月7日まで

となるそうですので、8日以降は62円になります。

(詳しく調べてみたところ1月8日の最初の取り集めまでに投函されたものとなっていましたので、7日の夜に出しても52円で扱ってもらえるそうです。)

また、年賀状は松の内の7日までならOKという考え方や、年賀状抽選日までならOK、新しい年の挨拶なので1月中であればOkという考え方もあるそうですので、8日以降に出すことがある方は金額にご注意ください。

※喪中はがきは対象外となっているそうですので、62円になります。

よくある質問に様々なケースが掲載されているので、もっと詳しく知りたいときにはご参照ください。

(私製はがきで62円貼ってしまった場合、前年度に発行された年賀はがきを使用する場合等)

 

http://www.post.japanpost.jp/service/fee_change/nenga2018/

不足額の対応については様々

料金不足の場合も調べてみましたが、様々な対応があるそうです。

・発送元に返して出し直してもらう
・受信者へ届けて不足額を払ってもらう(支払うか発送元に返すかは選べすそうです)
 
だいたいこの二つというような感じでした。

発送元が書かれている場合は上記のどちらかになり、書かれていない場合は宛先へ届けることになるようです。発送元が書かれているからと言って、料金不足の場合必ずしも戻ってくるとは限らないそうです。

年賀状がどの様な扱いになるか記載されているページは見つかりませんでしたが、料金不足で相手に請求されることが無いよう気を付けたいですね。




年賀状を出す際には投函する日と金額に注意!!

年賀状を出す際には

●投函する日:12月15日~1月7日

●金額:上記以外は62円

の二つにご注意ください(^^)

 

コレストハウジング https://crst-baibai.com/

arrow_upward