9:00〜18:00
水曜日 祝日
2018年01月11日
ブログ

鏡開き・ぜんざいの作り方

こんにちは、米倉です(^○^)

 今日は1月11日。鏡開きですね。

ウチでは毎年鏡開きではぜんざいを作って食べています。

ぜんざいを作るといっても毎年ちゃんとしたレシピを見るわけでもなく、

材料の分量も適当です。

でも、小豆の袋の裏面に載っている「豆類の上手な煮かた」を参考にすれば

大丈夫。毎年なんとなくいい具合に出来上がります。

簡単適当なぜんざいの作り方

私の適当なぜんざいの作り方ですが

 
1、 サッと洗ってから3~4時間水に漬け強火で煮る。

2、 沸騰してきたらコップ1~2杯の水を加える。

3、 再び沸騰してきたらザルに取り、水ですすいで「あく」をとる。

4、 再び水から強火で煮て沸騰したら火を弱め豆が充分柔らかくなるまで煮る。

5、 砂糖を数回に分け加える。

6、 最後に塩を加える。

 

私個人的には、一袋300gの小豆で中くらいの鍋八分目くらいに作るのが適量です。

砂糖の量は味見をしながら、自分好みの甘さに仕上げます。

小豆の煮具合についても、長く煮れば長く煮るほど小豆のコクがある濃いぜんざいになるので、あっさりしたものがいい方は煮る時間は短めで。これも味をみながらです。

 

すべて適当です。

ポイントといえば2で加える「びっくり水」と6で加える塩です。

びっくり水は豆が固くならず柔らかく煮えるため。

塩は甘くなり過ぎず、味を引き締めるため。小さじ1杯くらいでしょうか・・・

もし、ぜんざいが余ってしまった時は

このまま煮詰めて粒あんにしてしまいます。

こしあんもできないことはないですが、その名の通りこさなければならず、これが

少々手間がかかるので私は粒あんしか作りません。簡単にこしあんを作りたいという

方は、フードプロセッサーにかけるとこしあんが出来ます。

自家製粒あんをトーストにのせ小倉トーストで食べてもいいですね。

凍らせて自家製あずきバーでもいけます。

ちなみに私はパン作りが趣味なので、あんぱんを作っています。

 

適当な私が適当に作っても割と美味しくできますので、自家製ぜんざい作って

みてはいかがでしょうか?

 

コレストハウジングホームページはこちらから

                →https://crst-baibai.com/

 

arrow_upward